身近になった資産運用 -初心者の資産運用@お役立ちガイド-



身近になった資産運用


資産運用には、様々な方法があり、運用対象先もいろいろとあるものです。金融商品の場合、預貯金から株式、投資信託、外貨預金、保険などがあります。金融商品以外は、マイホームや投資用マンションなどの不動産投資、金やプラチナなどの貴金属に投資する方法もあります。

どれにもメリット、デメリットがあり、確実にお金を増やすことが出来る、という保証もありません。また、インフレやデフレなどの経済事情の変化で、利益を得る時と損をする時の波が生じたりもします。このため、資産運用を始めようと思っても、どの方法を選べば良いのか、迷うことになるでしょう。

しかし、それだけ、選択肢もいろいろある、と言うことです。規制緩和が進む中、金融商品も市場に多種多様なものが出回っています。これに加えて、今はネットによる証券の取引や、銀行での投資信託・保険・株式の取扱いも多様化し、様々な金融商品がますます身近なものとなっています。

各商品のメリット、デメリットと同時に、資産運用にはどうしてもある程度のリスクが伴います。大抵の人は、このリスクが一番気になることでしょう。下手をすれば、全財産を失ってしまうのでは、と恐れる人もいるかも知れません。しかし、きちんと勉強し、運用のコツさえ掴めば、そんなに大損をするものでもないのです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ 将来に向けて
★ 安全な運用とは
★ 身近になった運用-投資信託-
★ 不動産投資とは